満月の禅のすすめ

| 深い瞑想を行うために大切なこと

今日は、圓弘オリジナル禅メディテーションに入る前の正しい呼吸法を皆様に実践していただきたいと思います。 これが成功すると、より簡単に深い瞑想状態に入るでしょう。

坐禅と密教禅が、(それぞれが満月または宇宙と同化しますが)、融合して禅メディテーションになりました。 坐禅の座り方を取り入れても良いです。しかし、身体を確実に静止したままにすることを勧めます。
いすを使っても良いし、さらに寝転んでも良いのです。

瞑想には動的と静的の2種類あります。滝行、写経、歩行禅などが動的である一方、禅メディテーションは静的です。その両方を実践することにより、身体的バランスが得られます。

最初に「あ~」という音を、大きな声ではなく、低いトーンで出してください。
その音は宇宙の最も初めの音と考えられています。 あなたの丹田を意識することにより低い声が出やすくなります。 低い音を出すことにより、結果的にあなたはあなた自身のバランスを取ることができます。 または、あなたが抱えている必要のない考え(雑念)を押し出すイメージを頭に描いても構いません。

次に呼吸法をご紹介します。これはブッダが悟りを開いたと言われている呼吸法です。
12秒かけ口からゆっくり息を吐きます。これは最も大切なステップの一つです。
そして、6秒かけて鼻から息をゆっくり吸います。それから6秒間呼吸を止めます。

α2の画像

(クリックすると拡大します)

12-6-6秒周期の呼吸を繰り返した後、あなたの脳はアルファ波を出します。アルファ波には1、2、3の3種類あります。とりわけ、アルファ2は天才脳波と考えられ、『超集中脳波』と呼ばれています。 それはプロのトップアスリートたちだけが試合や競技中に出すことができる脳波です。

これまでに、この呼吸法で、私はアルファ2を出す能力を身につけました。それは私の脳の95%近くを占めます。この特定の方法を使って、丹田と背骨の両方の位置を意識することに集中します。

我々は背骨の場所を意識することによって体の中心線を調整することができます。 我々は普通、前だけに注意を払いますが、背骨の場所についてもっと注意すれば、何事も立体的に考えることができるようになるでしょう。

それでは、圓弘スペシャル禅メディテーションを始めましょう。
最初に、椅子座禅と寝る禅(満月の禅)の方法を教えます。

1

これは、リラックスするために横になって行う坐禅です。
最初はあおむけに寝て、腕と脚を外に広げます。 満月のイメージを思い起こしてください。

2

次に、腹部の中にその満月のイメージを持ってください。

3

満月のイメージを徐々にだんだん大きくします。
腹部から身体全体に、地元の地域に、国に、地球に、そして最終的に宇宙全体に。

4

やがてあなたは月と統合するでしょう。

5

その状況をしばらく楽しんでください。

6

今度は反対に。
全宇宙から地球の中に、国に、地元の地域に、身体全体に、そしてついにあなたの腹部の中に。

7

上記手順をおよそ20から30分以内に完了してください。

サイト内記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

Copyright © 2013- 酒井圓弘 All Rights Reserved.

↑ページトップ