酒井圓弘(えんこう)とは

活動実績

これまでの道のり

メディア実績

ビジョン

お問合せ・申し込み

皆様こんにちは。
私は禅がどんなに驚くべき(素晴らしい)ものかをお話しできればとても幸せです。
禅にはさまざまな種類があります。
私は禅を今の時代に合わせるために工夫をしてきました。
そして、ついに圓弘スペシャルを考えました。静的禅と動的禅です。

それらの両方で、あなたの心と身体は活性化し、そしてあなたの人生はさらに幸せになるでしょう。
私はこのノウハウをアメリカの人々に伝えたいと思います。

私はアメリカで私の講演会を主催してくださる個人または団体を探しています。

酒井圓弘に興味を持っていただいた方がいましたら、下記の「お問い合せ・お申込みフォーム」よりご連絡下さい。
また、よろしければ、このホームページの「いいね」ボタンを押して下さい。
このホームページをブログやfacebook、twitterで紹介していただければとても嬉しく思います。

私は2つの夢を持っています。
1つ目は、貧しい子供たちがより良い未来を過ごすための孤児院を、いくつかの国で創設したいと思っています。

[えんこうの孤児院創立についての方針]
以下の方針に基づき、発展途上国で子供たちを養育するために孤児院を創設したいと思っています。 我々の命と同じくらい重要なものは環境です。悪い環境は人々の命を危険に導きます。 良い環境を子供たちに提供したいと思います。
たくさんの愛と慈悲に満ちた、資質のあるスタッフを孤児院に送り、一緒に多くの事を学びたいと思います。 宗教や民族や国境を超越したものを目指したいと思います。 世界のさまざまな場所で、なるべく多くの少人数用の孤児院を設立したいと思います。そうすれば、異なる国に住む貧しい子どもたちを救うことができます。 最初に東南アジアに数ヶ所創設することになっています。

2つ目は、私が人生を終えるまでに以下の目標を達成したいと思っています。
1.愛であふれた豊かな社会を創ること。
2.人々が自分の価値観を持って生きている社会を創ること。
3.人々が自分の得意分野を使って他人に貢献する社会を創ること。

そのような社会を実現するために私は禅を選びました。 もしあなたが禅と共に満たされた生活を過ごすならば、あなたは社会貢献をするでしょう。 まず、あなた自身に愛と、幸せを、精神的な豊かさを与えてください。 次にそれらをあなたの周りの多くの人と共有してください。 私の考えでは、これが21世紀の禅です。

もしそのような素晴らしい未来を実現することにおいて我々に賛同していただけるのでしたら、
あなたにご寄付をお願いしたいと思います。

我々の活動のお手伝いをご希望の方、経済的に余裕のある方、そのような方々からのご寄付をお待ちしております。
ご協力よろしくお願いいたします。

酒井圓弘が『The Japan Times』の「次世代のアジアを担うリーダー100人 2015-2016(100 Next-Era Leaders in Asia)」の一人として選ばれました。

[クリックすると拡大表示されます]

『The Japan Times』AUGUST7,2015に酒井圓弘の活動が掲載されました。

[クリックすると拡大表示されます]

『The Japan Times』の「THE PROFESSIONALS/会社や組織のリーダーから成功とは何かを学ぶ!」コーナーに【Late career change for Buddhist monk(ある僧侶の転機)】という記事が掲載されました。

『The Japan Times』のサイトはこちら »(別サイトに移動します)

日本語訳はこちら »(PDFファイル)

『ZIP-FM スマイルハートビート』(ラジオ)YouTube版

『ZIP-FM スマイルハートビート』(ラジオ)YouTube版

2015年6月~2015年7月に放送されたZIP-FM(中部圏FMラジオ局個人聴取率シェア53.0%ダントツ1位)の人気番組「SMILE HEART BEAT」に"自己中和尚"酒井圓弘がゲスト出演しました。

ミュージックナビゲーターのMISATOさんと一緒に、4回にわたり「がんばらない」ススメの話を中心に、夢を叶える方法や恋愛についてお話しさせていただきました。 (1回あたり約5分)

『えんこうさんの生き方のコツ』(ラジオ)YouTube版

『えんこうさんの生き方のコツ』(ラジオ)YouTube版

2013年10月~2014年6月までAM東海ラジオ(愛知県・岐阜県・三重県)天野良春“リアル”[朝7時~朝10時]で毎週土曜日に放送された人気コーナー 「えんこうさんの生き方のコツ」がYouTubeで聴けます!

特に人気の高かった第31回放送分をアップしました。

妙乗院の魅力紹介!

『妙乗院の紹介』YouTube版

数々の貴重な仏像や、水晶、天然石、日本でめずらしく御顔がほほえんでいる観音さま「ほほえみ観音」、滝行の様子など、妙乗院のみどころをYouTubeで紹介します!

MBSちちんぷいぷい「石田ジャーナル」にて紹介された、10年で檀家を3倍にした妙乗院の、檀家に頼りすぎないオープンな寺づくり!をYoutubeでみることができます!。

【四季桜の妙乗院】平成27年4月17日愛知県知多JA本部主催講演会(ダイジェスト)

『酒井圓弘 平成27年4月17日愛知県知多JA本部主催講演会』YouTube版

平成27年4月17日に行われた愛知県知多JA本部主催講演会のダイジェスト版をYouTubeでみることができます!

平成27年酒井圓弘講演会ダイジェスト版YouTube版

『酒井圓弘 平成27年2月講演会』YouTube版

平成27年2月21日に行われた可茂保育研究協議会講演会のダイジェスト版をYouTubeでみることができます!

酒井圓弘の生き方

伝統的な宗教の本質は厳密で抑制(管理)されています。
伝統的な宗教には厳格な基本があり、その基本から我々が逸脱することを決して許しません。
宗教における抑制は受け入れられることと、受け入れられないことのボーダーラインを正確に決定します。それは同様に、絵画と音楽の分野にも言えます。

人々は、「教会に近づけば近づくほど、神から遠くなる(教会経営と信仰生活は両立しないものという意味のことわざ)」と信じている。しかしこの考えは過去のものとなった。もしブッダやイエス・キリストが我々の時代に生きているとしたら、映像やインターネットを通して、彼らは信念を表現するかもしれない。

私が自分自身と我々の寺のプロデュースを試みる理由は、我々の利益のためではなく、世界にそれらの素晴らしい作品を示したい(見せたい)という、私の切なる想いのためなのです。私の行動は、私の全人格(パーソナリティー)から派生しています。 妙乗院を訪れてください。それはまた、私の作品のひとつでもあります。

大人になるということは、あなたが人生で多くの難しい選択をしてきた、ということを意味します。
何かを選ぶことは何かを失うことです。
達成感(喜び)はあなたに2つの異なる感情を同時に与えます。あなたは自分の成し遂げたことに満足するでしょう。その一方、あなたはそれに不満を持つでしょう。
しかしながら、あなたは自分に誇りを持つべきです。あなたが確実に何かを成し遂げる限り、たとえそれが小さくても。 あなたは自分をほめることができます。なぜならあなたには何かを選ぶ勇気があるのだから。

あなた自身に、あなたは自分の人生を生きるのに懸命に努力してきたと言いなさい。そしてあなたの未来の夢を持ちなさい。 世界を信じなさい。しかし決してそれを嘆かないこと。なぜならあなたは世界の一部なのだから。

人生はまるであなたの未来に恋をするようなものです。
もし、あなたが一人きりで未来に恋することを楽しめないなら、他の誰かといっしょにそうしたらどうですか?
それはあなたの友達・恋人(男性または女性)・あなたの配偶者またはあなたの家族でもいいです。
それが誰であれ、あなたの人生はあなたの好きな誰かと共に、さらにもっと素敵になるでしょう。

私には3つのモットー(人の信念や目標を表現する短いフレーズ)があります。

『現在に生きること』
『目的を見つける、つまり何かを夢見ること』
『何にも執着しないこと』

私はこれらの3つの生きる方法の均衡を保ち続けるでしょう。 そして皆さんに、これらのモットーがあれば人生がどんなに幸せで生き生きするかを示したいと思います。
さらに、私は、世界中の貧しい子供たちを助けるために、多くの国に孤児院を設立するための最大限の努力をしたいと思っています。

圓弘さんによる般若心経の現代訳

圓弘さんによる般若心経の現代訳

あなたの人生をもっと楽にしてみませんか?

あなたは幸せに暮らすことができます
もしあなたがリラックスして気楽に構えれば。
苦しみや困難は幻に過ぎません、だから心配しないで。

この世は無意味です(空しい)。
痛みや悲しみはもともと何でもないものです。
この世は今も変わっています。
あなたは悲しみを喜びに変えることさえできます。
あなたは時には(道徳的、宗教的に)汚れるかもしれません。またある時には、重荷に苦しむかもしれません。
だからこそ、あなたは抱えていることを捨てることができるのです。

この世がどんなに不確かなものかわかりましたね。
苦しみや病気などは忘れなさい。

あなたが見ているものにそれほど注意を払わないでください。
聞こえていることには固執しないでください。

人々は何においても好みは違いますよね。
全く予想不可能です。

決意が揺らぎますか?それは全く問題ありません。
それがいわゆる『無』です。
人生においては多くの困難を経験します。
困難を避けるのは難しいです。
なら、ここに置いていったらどうですか?

これから何が起こるか誰にも分かりません。無理をして自分の道を明るく照らさなくてもいいのです。
暗い道を歩くことを楽しめばよいのです。 このように、あなたは人生を生きていることを実感することができます。
正しく生きることは難しいかもしれません、実際。
でも、誰でも屈託なく生きることは出来るんですよ。

修行者として生きるコツがあります。われわれは生きるために苦しむ必要はありません。
楽しく生きる修行者でありなさい。
しかし、適度な恐怖は生きていく上で必要です。
適度の恐怖は注意を生みます。(ことわざ)

でも誤解しないでください。
冷酷になるべきだ、と言っているのではありません。
夢や、空想や、慈悲を持ち続けていれば、どこにでも涅槃を見つけることはできます。
あなたの生き方は変わらないが、あなたの態度は変わるでしょう。
心に余裕を持てば誰でもブッダになることができます。

短いですからこの般若を覚えておきなさい。

それが正確に何を意味するかを知らなくてもいいのです。細かい事は忘れなさい。
少なくともそれはあなたの苦しみを小さくします。それで十分ではないですか?

もしあなたがあなたの全ての嘘とデタラメを認めれば、あなたの苦しみは取り除かれます。そういうものなのです。 これまで私が言った事を忘れてもいいでしょう、しかしこれだけは覚えておいてください。

その気になったらこれを呟いてみてください。
心の中でこれを唱えてもいいのです。

注意深く聞いてください。

声高く唱えなさい。邪念は追い払われ、魂の平和が訪れ、全ての答えを得るでしょう。
それからついに悟りに達するでしょう。すべてのあなたの目標はこの般若を唱えることによって成就するでしょう。

心配しないで。きっとなんとかなりますよ。

酒井圓弘(えんこう)とは?

酒井圓弘(えんこう)とは?

1.宗教は難しくない!宗教の楽しさを伝える和尚!

1.宗教は難しくない!宗教の楽しさを伝える和尚!

圓弘(えんこう)和尚のお寺・妙乗院の本堂内には、マリア像やユダヤ教の六芒星、日本神道の鏡など仏教以外の宗教シンボルが多数並ぶ。
圓弘和尚曰く「宗教は元をたどれば一つ。祈る心はみんな一緒」。宗教に隔たりはないのです。

他にもステンドグラスの光、癒しの音色、キラキラ輝く石・・・見るだけ・聴くだけ・触れるだけでパワーをもらえるアイテムが色々。 和尚の柔軟すぎる発想でお寺が気軽なレジャースポットになっている。滝行は、アドベンチャー気分を味わいながら、すっきり澄み切った爽快感が得られると大人気!

また座禅、密教ワーク、その他スピリチュアルな体験で自分を見つめ直すプログラムもあります。
伝統的な修行を現代的にわかりやすく無理なく体験できる、新しいスタイルの信仰を追及するのが圓弘和尚です。

妙乗院の中でできる
滝行

寝てみて観る黄金の
釋迦涅槃図

ステンドグラスの光を浴びる
マリア像

ハイパーエナジー空間チャージャー
サークル

2.友達のようにおしゃべり!老若男女の心を豊かにする和尚!

2.友達のようにおしゃべり!老若男女の心を豊かにする和尚!

和尚は心理カウンセラー、ヒプノ(退行睡眠)ファシリテーターの資格を持ち、心理学的観点、仏教の教え、スピリチュアルな要素を合わせた人生相談を行っています。
物事を一方から見ていては本質はつかめない、と和尚。いつも三元的視点で話を聞く。

「何でそこまでわかるの!?」という驚きと「この人ならわかってくれる」という安心感で思わず泣き出す人が続出。 その語り口は明るくユーモアが混じり、まるで友達とおしゃべりしているよう。

誰よりも親身に話を聞いてくれる和尚、夢中になりすぎて気がついたら真夜中なんてことも。 力強いアドバイスに勇気をもらうと、改めて生きる喜びが沸いてきます。

3.歴史伝統を守るだけじゃない!世界に挑戦する和尚!

3.歴史伝統を守るだけじゃない!世界に挑戦する和尚!

言わずと知れた仏教の祖、ブッダ。
しかし圓弘(えんこう)和尚は「尊敬はするけど崇拝はしない」と言い切ります。

崇拝は相手より上にはいけないと自分の限界を認めること。 それよりも自分で聖人の域を目指して、その上の景色を見てみたいと言うのです。 「富士山に登るならエベレストに登る準備を」も和尚の持論。 目標に向かって努力するのではなく、その上を目指すつもりで攻めないと小さくまとまってしまうと言いたいのです。

「ブッダに憧れるだけじゃダメ。ブッダを超えるという気持ち。そこまでしてやっとブッダに近づける」。 和尚は世界中の貧しい子ども達を幸せに導く活動を行なっています。 同じように貧しい人々に寄り添ったマザーテレサやダライ・ラマは「現代の聖人」と呼ばれました。 「私はファーザーテレサになる!」と和尚は高らかに宣言!

酒井圓弘(えんこう)の活動実績

酒井圓弘の活動実績

命想会

本来の自分自身を取り戻し(思い出し)、人生を心から楽しんでもらうために。 初級から上級クラスまであり、吸法、瞑想、右脳を活性化する、なぜ悩むのか?、なぜ迷うのか?、 概念、思い込みからの解放、心と体で交流の楽しさを感じる、今ここに意識を向ける方法、丹田呼吸・・など。
毎月1回、妙乗院にたくさんの方に集まっていただき命想会を開催している。

滝行

「苦しい修行のイメージを変えたい」「滝行を経験してほしい」という想いで、2010年8月に妙乗院内に人工の滝を設置。
これまで県内を中心に、一般の方や企業研修の方など、3000人以上(2013年7月現在)の人達が滝に入った。 「ストレスやしがらみから開放される」「肩の力が抜け、達成感や爽快感がある」と人気。
毎月2回、開催している。

京都ミステリーツアー

普段ではいけない場所を最大限のコネ(笑)を使って京都在中の達人と一緒に京都を楽しむツアー。 前回は35名の方と一緒に、パワースポット神社、由緒あるお寺、京都料理、平安時代の十二単、天皇家が滞在する書院などを楽しんできました。

ほほえみ相談

三元的視点で相談者を勇気づける。立ち位置は「仕事」「家庭」「趣味」、自己実現には「言 葉」「思い」「行動」。「三位一体」で絶妙なバランスを保つことができる。
相談は様々、恋愛、結婚生活、仕事、家族、子供、介護、生きる目的、不安な気持ちの解消など。
壁全体からマイナスイオンが出るヒーリングルームで、ゆったりと相談を受けている。

その他にも酒井圓弘(えんこう)は、「講演活動」、「在家出家養成講座」、「般若心経ワーク」、「倍音声明ワーク」、「縁愛講座」、「クリスタルサウンド&倍音声明&トークライブコンサート」、「お寺体験ワークと和のミステリーバスツアー」、「スピリチュアル修学旅行」など、様々な活動にチャレンジしています。

酒井圓弘(えんこう)のこれまでの道のり

酒井圓弘のこれまでの道のり

[向かって右]幼稚園の時、兄貴と一緒に

[向かって左]マグロ漁船グァム島にて

[真ん中]初めて出家した22歳の時

1963年3月15日 愛知県豊橋市で生まれる
1970年[7歳] 両親離婚
1973年-1981年
[10歳-18歳]
新聞配達
レストラン皿洗い
建築関係のバイトをする
1981年[18歳] 愛知県立三谷高等学校卒業
マグロ漁船に3か月体験
1981年4月[18歳] 食料品会社就職
1985年[22歳] 浄土宗にて出家
1988年[25歳] 西山短期大学卒業
1990年[27歳] 天台宗に移る
1991年[28歳] 比叡山学院修了
1993年[30歳] 佛教大学卒業
1998年[35歳] 結婚長男誕生
2004年[41歳] 妙乗院住職就任
2005年[42歳] 天台宗仏教天台青年連盟代表就任

1963年生まれ、小学校1年の時両親が離婚、兄とともに母親に引き取られる。 小6の頃から新聞や牛乳配達をして家計を助けていた。 貧しい生活だったが、それをありのまま受け入れ、自分の身の上を辛く思ったことはなかった。 一般の会社員を経験したあと、僧侶だった母方の祖父について京都の寺に入り、出家。 祖父からはお経や戒律を厳しく叩き込まれた。 一方で仏教大学に進学して勉強に集中し、純文学を読み耽り、僧侶としての階級も上がって、それなりに充実した日々を送っていた。

ある日遊びに来た友人がその2週間後に自殺。忙しさのあまり友人の瞳の中の寂しさを気にかけてやれなかったことを激しく後悔。 27歳の時それまでの階級を捨て、再び一から修行をし直そうと、天台宗の総本山比叡山延暦寺に入山した。 修行を終え妙乗院に入ったのは29歳の時。そして42歳の時に住職になった。

寺作りには住職の考えが映し出される。 圓弘和尚は今生きている人たちの悩みを和らげたいと考え、寺の改装に着手。 檀家さんと相談の上、寄付に頼らず寺独自で資金を作って、現代人の感覚にマッチした美と財をもたらすパワースポットに寺を生まれ変わらせていった。 見どころ満載の個性的な寺として、テレビや雑誌などでたびたび取り上げられている。

圓弘和尚は自己のスキルアップにも余念がない。 10年ごとに新しいことにチャレンジしながらここまできた。 40歳の時にはメンタルヘルスとヒプノマネジメントを学んでカウンセラーの資格を取得、並行してレイキ・気功・ヨガ・瞑想・エネルギーワークなどの専門的な知識や技術を習得。 ストレス社会に生きる現代人へさまざまな切り口で生き方・考え方を提案し、自ら道を拓く意欲・勇気を与えている。 50歳になる今年は英会話の勉強を始めた。今後の海外進出を見据えてである。

酒井圓弘(えんこう)のメディア実績

酒井圓弘のメディア実績

その他にも多数の取材を受けております。

■NHK『ほっとイブニング』妙乗院の四季桜を放映[2012年12月7日18時~]

■東海テレビ放送『スーパーニュース』に滝行の紹介が放映されました。
2012年12月7日17時30分~18時頃

■東海ケーブルチャンネルデジタル200ch知多半島情報番組『ちたまる』
2012年12月7日19時~放映

■知多メディアスチャンネル『クイズ!まちほれワンワン』
2012年11月23日公開収録

■東海テレビ『別冊!スタイルプラス 仕事人と街を訪ねて』
2012年9月22日6時15分~妙乗院放映

■東海テレビ『スタイルプラス』2012年6月17日12時~妙乗院放映

■名古屋テレビ3月4日取材

■東海ケーブルチャンネルデジタル200ch知多半島情報番組『ちたまる』
2011年12月16日19時~放映

■『東海じゃらん』2011年11月号(10月1日発売)に妙乗院が掲載

■CBCラジオ『夕刊アツキー!』8月初旬妙乗院滝行放送

■中日新聞知多版・尾張版2011年8月2日付に滝行が掲載

■『東海ウォーカー』(角川マガジンズ)2011年8月2日発売号
「特集夏でも涼しいスポット」に妙乗院が掲載

■スカパーTV『嵐・梅屋のスロッターズ☆ジャーニー』
2011年5月26日21時~、妙乗院放映

■NHKテレビ全国放送『お元気ですか 日本列島』
2011年2月22日14時~15時、妙乗院滝行放映

■NHKテレビ全国放送『おはよう日本』妙乗院滝行の様子を放映
2011年2月16日朝5時25分頃

■NHKテレビ『ほっとイブニング』妙乗院滝行の特集放映
2011年2月8日18時30分~8分間

■中京テレビきくち教児『ラッキーブランチ!!』受験合格滝行放映
2011年1月21日10時53分~

■メディアスエフエムFM83.4妙乗院取材 2011年1月7日

■メディアスエフエムFM83.4妙乗院取材 2010年12月24日

■CBCラジオ『特番:宮部和裕のドラゴンズEXPRESS』
2010年12月29日9時頃放送

■NHK『東海ニュース』四季桜を放映
2010年12月6日20時45分頃

■NHK『ほっとイブニング』四季桜を放映
2010年12月6日18時10分頃

■CBCテレビ『そこが知りたい特捜!坂東リサーチ』
2010年9月8日19時40分頃放映

■CBCテレビ『イッポウ』滝行生中継 2010年9月3日17時15分頃

■朝日新聞2010年8月4日付 トップページに滝行が掲載

■名古屋テレビ『どですか!』2010年8月2日7時30分頃放映

酒井圓弘(えんこう)のビジョン

酒井圓弘のビジョン

僧侶にとって住職というのはゴールに等しく、圓弘(えんこう)和尚も住職から先のビジョンを持っていなかった。 息子が病で生死の境をさまよっていた時期と重なり、そちらに気を取られていたせいでもある。 だがその息子の笑顔に癒され、生きていてくれる喜びを感じ、世界中の子どもの幸せとは何かを考えるようになった。 衣食住の不安をなくし教養をつけ、生きる環境が整えば、非行に走ることもなくなるのではないか。貧しい子どもたちに幸せをもたらしてあげたい。

「海外へ行き、お寺を建ててそこで孤児を集め世話をする」。 “五十にして天命を知る”という論語の言葉があるが、これが50歳を迎えた和尚の夢、いや今後のプランである。 お寺それぞれの規模は大きくはせず、仏教というよりも日本文化や思想を伝えていきたいという。

第一弾として今年中(2013年)にニュージーランドに施設を造る。これには彼の地の原住民ワイタハ族の長老が協力を申し出てくれた。 この長老、はるばる妙乗院にやってきて、和尚の思想や生き方に感銘し弟子となってくれた。

ニュージーランドが軌道に乗ったら、次はカンボジアかミャンマーを予定しているが、これらの資金は全て自費となる。 東洋思想の根本として世界中で人気が高い「禅メディテーション(座禅)」を布教し、寄付によって資金を集める予定だ。 通訳を頼らなくてすむよう、英会話のレッスンにも余念がない。

「夢を実現させようと思ったら、何かを犠牲にしなくてはならない。夢が大きければ大きいほど失うものも大きくなることを覚悟しなくてはならない。」 そう圓弘和尚は語る。 海外に活動拠点を移すためには、ここまで手をかけて作り上げてきた妙乗院もいずれ手放すことになるという。 「本当に手放すことができるのか・・・これが私の人生の最終試験となりそうです」 圓弘和尚の潔い決断は、あと数年先に迫っているようだ。

つづく・・・・・・

メディア取材・講演依頼 お問合せ・お申込み

メディア取材・講演依頼 お問合せ・お申込み

このホームページを見て、少しでも酒井圓弘(えんこう)に興味を持っていただけたら幸いです。
酒井圓弘の活動に賛同していただける方、応援していただける方は、どうぞお気軽にご連絡下さい。
ご質問なども受付けております。
お電話、FAX、メール、または下記のフォームよりご連絡下さい。

妙乗院電話 0562-32-1029

酒井圓弘携帯電話 090-8739-5184

妙乗院電話 0562-32-1029

酒井圓弘携帯電話 090-8739-5184

妙乗院FAX 0562-32-9780

メール info@myojyoin.jp

お問合せ・お申込み 受付フォーム

マークのある項目は、必ずご入力下さい。

■お名前

妙乗 太郎

仮名でもOKです

■メールアドレス

info@xxxxx.com

携帯電話のメールアドレスをご記入の場合は、お手数ですが
「info@myojyoin.jp」からのメールを受信できるように設定してください。

■ご連絡方法

どのような方法で返答を希望するか、お選び下さい。



■お電話番号

06-xxxx-xxxx、090-xxxx-xxxx

連絡方法で電話を選択された場合、必ずご記入下さい。

■ご住所

愛知県名古屋市○○区1-2-3

■項目

複数チェックしていただいてもOKです





■内容

ご入力できましたら、上の[確認]ボタンを押してください
確認画面が表示されるまでに時間がかかる場合があります

お問合せ・お申込み 受付フォーム

必須マークのある項目は、必ずご入力下さい。

お名前必須

仮名でもOKです。

メールアドレス必須

携帯電話のメールアドレスをご記入の場合は、お手数ですが
「info@myojyoin.jp」からのメールを受信できるように設定してください。

ご連絡方法必須

どのような方法で返答を希望するか、お選び下さい。

お電話番号

連絡方法で電話を選択された場合、必ずご記入下さい。

ご住所

項目必須

複数チェックしていただいてもOKです。

内容必須

ご入力できましたら、上の[確認]ボタンを押してください
確認画面が表示されるまでに時間がかかる場合があります

サイト内記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

Copyright © 2013- 酒井圓弘 All Rights Reserved.

↑ページトップ